忍者ブログ
日に日に廃人レベル上昇CHU!
[502] [501] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本日は失業保険の説明会に参加してきます。>挨拶


まあ内定は貰っているので参加しなくても良いかなぁ~とも思いましたけど、後々面倒なことになると嫌なので参加してきます。買い物もしなくちゃいけないので。


web拍手レス
>eoyお疲れ様でした、 下位票だった天神乱漫・LaB・77辺りは割と初心者向けと言う感じですね、突出するものはないけれど初めて手を出すエロゲの見本みたいな。 だからこそ萌ゲ好きには一定の評価が出るのだと思いますが。
スズノネ・ましろ色などの上位組はただの設定倒れや量産型より頭ひとつ出ているからこその評価でしょう。

ありがとうございます<(_ _)> とりあえずeoyにエントリーした作品はほぼお薦め出来ると思うので初心者の方はまず手に取ってみると良いかと思います。

>試すような発言をして申し訳ないです。
実際に偏執狂のすくつ(あれ?)では、逆の
『規制反対なら参政権は仕方ない。むしろ参政権反対なんて右翼だよ』
という人間を実際に見てしまっていますので

大多数の人間が右だの左だのなんてどうでも良いと感じているのに、一部の人間の意見に文字通り左右されるというのはねぇ…。

>>>中には参政権に比べたら表現規制なんて大したことじゃない
及びその逆も理論は大抵予想付きますね
・表現規制>参政権
地方なら良いんじゃね?
・参政権>表現規制
エロ規制程度なら良いんじゃね?
という具合で

性質の違う問題をセットとして考える事自体がナンセンス。

>>>未来の事
もっとも未来の事を考えろと言っている人も…その未来の為に何をさせようとしているのか次第では、胡散臭すぎるとか、“今”を異様に軽視していたりする…

 とりあえず何も考えていない連中よりかはマシかなと。

>個人的には、反対派が気に食わないからと、呼掛けている反対署名まで無視すると言うのではなく、言ってる事は気に食わないけど、署名には協力でいいんじゃないかと。考え方は、人それぞれですし。事実、あるプロの漫画家さんとやり取りした時は、私の意見でも過激だと言われましたし。その人が言うには、規制問題は大丈夫だそうですよ。もっとも、何を根拠にしてるのかは不明ですし、現状を認識している?と思うことがあったので、信頼性のほどは不明ですが。それと、規制問題と別な問題をリンケージして言われる事があるんですが、別な問題を絡められても…と思います。少なくとも、それと規制問題とは別物ではと思うことがあります。たとえば、参政権反対に熱心な議員が領土問題に無関心だからといって、その人のマイナス点に挙げますかということなんですよね。上手い事言えてないですが。まあ、他の人も言っていたように、規制問題も相当ヤバイですし、悪いものにはNOと言えばいい話なんですよ。それと、規制反対派は規制反対がメインですから、それ以外の政策を無視しているように見えるのは仕方ないと思います。名無しの人でした。つまるところ、駄目な物は駄目と皆で声を挙げましょうということが言いたいんですけどね。これの為に、こちらで妥協なんてのは、相手の思う壺ですよ。
とりあえずは規制問題が先ですからね。今回に関しては民主の都議会議員には奮闘して欲しいけど国政に関しては民主は推さないスタンスでも良いですからねー。今回痛感したのはやはり陳情など積極的に議員へ市民の意志を伝える事じゃないかと。実際に本日継続審議へと動いたことが良い見本ですからね。このまま廃案にまで持っていくように継続したいところです。

>あるみにゅーむ2巻がいつの間にやら出ているとは。今度、見かけたら買っておこう。
他にも、欲しいのあるんだけど一冊800円はきついなあ…。

4コママンガに関しては仕方ないですよねー>価格 毎月連載していても年1冊が限度ですし、密度も濃いですから。

>http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1170172.html
うわぁ…と思いますね。
表現規制の方が厳しい部分があるのは、一般市民や参政権関係重視派の人には
『多少のエロ規制で終らせます』
『野放しになっているやおいとかを規制する“だけ”です』
と言われると『なーんだ』になって、それで“終っている”分には酷くなった歴史的前例の実感が沸かないのでしょうね…と推察
真面目に交渉という意味を調べろと言いたい。

>再就職はええよww
>就職おめでとーございます
>再就職おめですー

あざーすw まだ内定段階ですが今月から働けるので何とか食いつなげそうで助かっています。因みに早かったのは以前から打診を受けていたからですけどねw

>最近の規制論理に対してかなりまとめられているかな?というラノベを見つけたのでお伝えしておきますね。
MF文庫 題:ラノベ部3 作者:平坂読 章:竹泡対談(P192~)
小説自体はとてもノリの良い日常系の作品です。「僕は友達が少ない」を書かれている人なので興味があれば、読んでみてくださいね。(余計なお世話かもしれませんが)

そうですね、「僕は友達が少ない」は読んでみようと思っていたので手に取ってみましょうか。

>
エロゲープレイしつつネットの女関係ニュース見ていて
『初期資金200万、維持費年間30万程度ならメイドロボ一択』
という会話を妹としたのですが…(彼女は笑いながら同意していた…本当に女?)
割とこの発想を男子趣味にどこか不寛容な腐男子にぶつけたらどうなるかしら…

しっかりと意志を持っているのなら考えなくもない(何

>『俺にだけよし!』の哲学で、品質を上げまくったのがコンテンツ産業。どのレベルまで『俺によし』を極めてるかが面白さの重要点
と言う意見を見たのですが、この辺が
『あるレベルまでなら』
あるいは
『自分に影響無い特定分野の規制』
と言った事で止まるレベルなら真面目に共闘する価値は無いとか、途中離脱確定組が存在するって事になるでしょうね…
懐古中の欠点の一つに『自分がニーズから切られている事に気付いていない』と言うのもありますが、自分がニーズの該当者じゃない分野に真剣になる人等いないですし…
自身を含めた親類縁者に喫煙者無し。身内のアル中関連のトラウマで酒が飲めない。ある種のヴェジタリアンや宗教関係なので酒とかタバコは…という類の人が、酒・タバコ規制や増税に無関心(どころか絶賛の場合さえある)なのと一緒
逆に外人参政権も、近辺に外人少ないとか、都市部だと最悪や準最悪の実感はピンと来ないのも一緒ですし

そりゃそうですよね。私だって嫌いなものは規制して欲しいですし(飲食店に子供を連れてくるのとか)。それでも中にはマナーの良い方がいる以上、妥協する面もあるのは当然だとも思います。要は他者にたいして寛容になれるかどうか何ですよね。

>非実在青少年の東京都の青少年育成条例改正案について詳しい情報が出てたので一応
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/09/news103.html
漫画やアニメは勿論の事、音声までとかなり影響ありそう。

東京都だしコミケはどうするんだろう。

とりあえず直ぐに可決せず継続審議になりそうですが安心は出来ないよな。プロ野球に例えるなら日本シリーズの最終戦で2アウト満塁のピンチを凌いだにすぎない訳ですから。

>数をこなすと面白いと思うレベルの下限が上がっていく。そうすると、面白いと思う作品の数は減るし、面白い作品に会っても、また下限は上がるし。批判してみてしまって、純粋に楽しめなくなった時点で飽きてるのかなとも。
数すらこなせていませんが何か? 今は無職状態なのでじっくりプレイしていますけど面白い作品とそうでないものの差がハッキリ判るのは興味深いです。


3/9までレス完了。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ツイッター
web拍手
プロフィール
HN:
草薙静流@管理人
性別:
男性
カウンター
アクセス解析
応援バナー
『太陽のプロミア』応援バナー

『ヴァニタスの羊』応援中!

AQUA -SORAHANE ソラハネ- 『AQUA-アクア-』はじめました。「命」と「絆」の近未来学園ヒューマンビジュアルノベル
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) れ・ざむる~ず for Blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]